Skip to content

正しい必要死亡保険額を把握すること

正しい必要死亡保険額を把握すること

自分にピッタリで保障も大きく、かつ保険料が安い保険は戸魅力的です。しかし、万人にピッタリという保険はありません。ライフスタイルやその人の年齢や職業、貯蓄などによっても加入する保険や必要な保障額は異なってくるのです。「独身なのか≒ 結婚しているのか」さらに「妻は働いているのか」や「子どもがいるのか」など、様々なケースがあるでしょう。子どもがいなくて、妻も働いているケースでは、それほど大きな保障は必要ないかもしれません。一方、子育て世代なら、妻の死亡は大きな損失となってしまいます。その場合、妻の保障も考えなければならないのです。

保険選びで大切なのは、正しい必要保障額を把握すること。簡単に言うと、夫が死亡したあと遺族が生活をしていくために必要なお金から、遺族年金や死亡退職金を引いて考えます。ただし、遺族年金は、会社員と自営業では大違い。公的保障でもらうことができる金額を調べてみましょう。

保険料が安いからといって、自分のニーズに合っていなければ、「こんなはずではなかった」ということになりかねません。さらに、子育て世代と子育てが終わった世代では、保険の選びかたも違ってくるでしょう。

ライフステージの変化に応じて賢い保険選びを

ライフステージの最初は結婚。独身時代と違って、配偶者に対して責任が生じますから、たとえば、500万円くらいの保険に加入します。ここに子どもが生まれると、一気に必要保障額は上昇。生命保険文化センターの調査によると、大学まですべて公立に通った場合でも、1055万円。さらに生活費がかかりますから、そのぶん保険に加入して準備をするわけです。

気をつけるのは、住宅を購入すると必要保障額が下がるというと。住宅の購入前は、家賃を組み入れて計算をしたはずです。通常、住宅ローンを組むと「団体信用生命保険」に加入します。これは、死亡時には保険金で住宅ローンを完済できるもの。つまり、家賃分の支出が必要補償額から少なくなるわけです。ただし、不動産にかかる固定資産税や都市計画税は一生払わなければなりません。さらにマンションに住む人は、管理費や修繕積立金についても考える必要があるので注意をしてください。

最後に、子どもが就職をしたり、独立したときは必要保障額が下がります。その後のお葬式費用などは、妻の生活のための一定額があれば安心できるでしょう。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*